Desktopper
デスクトッパー

Desktopper 日本語トップ
[ 履歴 ]





「Desktopper」のスクリプトでは、IEでは標準ではないいくつかのオブジェクトを自動で読み込み、プログラム中から利用できます。
ここでは、それらの「Desktopper」のスクリプトで利用可能なオブジェクトを紹介していきます。

--------------------------------------------------------------------------------
スクリプト・マニュアル
                                                           Ver 1.0.0  2011/03/21
                                              Masakazu Yanai  http://crocro.com/
--------------------------------------------------------------------------------

//------------------------------------------------------------------------------
//	自動で読み込まれるオブジェクト
//------------------------------------------------------------------------------

* jQuery : "dat\js\jquery.js"
* JSON   : "dat\js\json2.js"
* $d     : "dat\js\desktopper.js"

//------------------------------------------------------------------------------
//	"$d" オブジェクトのプロパティとメソッド
//------------------------------------------------------------------------------

* $d.wshell : "WScript.WShell" オブジェクト。
* $d.fs     : "Scripting.FileSystemObject" オブジェクト。
* $d.as     : "ADODB.Stream" オブジェクト。
* $d.as2    : "ADODB.Stream" オブジェクト。
* $d.dirExe : EXEファイルのディレクトリ。
* $d.lng    : 言語を表す文字列。
* $d.unqKey : ウィンドウごとのユニーク文字列。

* $d.read(path, utf)
    ファイルから文字列を読み込む。
    * path : 開きたいファイルのパス。
    * utf : UTF-8か否か。指定なし時かfalseの場合はShift_jis。
    * 戻り値 : 読み込んだファイルの文字列。

* $d.write(path, data, utf)
    ファイルに文字列を書き込む。
    * path : 保存したいファイルのパス。
    * data : 保存するデータ。
    * utf : UTF-8か否か。指定なし時かfalseの場合はShift_jis。

* $d.mkDirs(path)
    フォルダをネストして作成。
    * path : 作成するディレクトリのパス。

* $d.download(url, path)
    ファイルをダウンロードする。
    * url : ダウンロードするURL。
    * path : 保存するパス。

* $d.run(path, option, wait)
    EXEを実行する。
    * path : 実行ファイルのパス。もしくは、開きたいファイル。
    * option : pathで実行ファイルを指定した場合の起動オプション。
    * wait : 0なら待機なし、1なら待機あり。デフォルトは0。

* $d.loadScript(fnm)
    "usr_dat\script" フォルダ内の、指定のファイルを読み込んでevalで実行。
    "usr_dat\script" フォルダ内に指定のファイルがない場合は、フルパスで実行。
    * fnm - 実行するスクリプト。

* $d.view(txt, utf)
    エディタで表示。
    * txt : エディタで表示する文字列。
    * utf : UTF-8か否か。指定なし時かfalseの場合はShift_jis。

* $d.dialogHtml(txt)
    HTMLダイアログ。
    使い方は "usr_dat\script\1000__Edit__RegExp.js" を参照。
    * txt : HTMLを構築する文字列。
    * 戻り値 : 結果を格納したオブジェクト。

* $d.pth2url(path)
    ローカル・パスをURLに変換。
    * path : ローカル・パス。
    * 戻り値 : URL。