Desktopper
デスクトッパー

Desktopper 日本語トップ
[ 履歴 ]




スクリプト・ダイアログの[On The Fly]ボタンを押すと、スクリプトのオン・ザ・フライ実行を行えます。
オン・ザ・フライ実行は、テキスト・エディタで書いたスクリプトを、Webページに直接流し込んで、その場で実行する方法です。この機能はプログラマ向けのものです。普段からWebページ用のプログラムを書いている人は、JavaScriptを使って、好きなサイトのWebページを内部から操作することができます。

スクリプト・ダイアログの最も簡単な開き方は、「Desktopper」のウィンドウ上部の[S]ボタンをクリックすることです。スクリプト選択ウィンドウが表示され、この中に[On The Fly]ボタンがあります。
また、メニューの[設定]-[読み込み時自動実行スクリプトの選択]を選択して表示されるウィンドウにも[On The Fly]ボタンがあります。

「On The Fly」ダイアログには、以下のボタンが表示されます。
  • [RUN]ボタン
  • [MANUAL]ボタン
  • [CLOSE]ボタン
表示されたテキスト・エディタの内容を書き換えて、[RUN]ボタンをクリックすると、Webページにスクリプトを送り込んで実行できます。
この際、「jquery.js」や「json2.js」といったオブジェクトがなければ、自動で読み込まれます。また「$d」という、ファイル操作やEXEの実行などを行えるオブジェクトも自動で読み込まれます。オブジェクトの機能は[MANUAL]ボタンで確認できます。