Desktopper
デスクトッパー

Desktopper 日本語トップ
[ 履歴 ]




[ インストール ]
本ソフトは、「C:\Program Files」以外にインストールしてください。
(例:「C:\desktopper」などにインストール)

本ソフトは、インストール先のフォルダにファイルを保存します。
WindowsではXP以降、実行ファイルが「C:\Program Files」内にデータを書き込めなくなりました。そのため「C:\Program Files」にインストールした際は正しく動作しません。

[ アンインストール ]
本ソフトをアンインストールする際は、2つの方法があります。

1. インストーラーを利用してインストールした際は、アンインストーラーを使用してください。「コントロールパネル」の「プログラムと機能」から、本ソフトを選んでアンインストールを実行します。

2. インストーラーを利用せずにインストールした際は、インストールしたフォルダ(たとえば「C:\Desktopper」)を丸ごと削除してください。これで完了です。

※ 以下、手動で削除する場合の補足です。本ソフトをスタートアップに登録している際は、Windowsメニューのスタートアップからショートカットを削除する必要があります。
このショートカットの削除は、本ソフトからの操作でも行えます。[▼]ボタンで表示されるメニューの[設定]-[ショートカット]から、ショートカットを削除できます。

[ バージョン・アップ ]
バージョン・アップは、本ソフトを終了した後におこなってください。
アップデート確認」や「自動アップデート確認」機能を利用することで、アップデートの確認をおこなった後、インストールをおこなうか否かを選択することもできます。

[ バックアップ ]
ユーザーの利用するデータは「usr_dat」フォルダ内に保存されています。バックアップを取ったり、環境を移行したい場合は、このファイルをコピーしてください。
[ 初期データの復旧 ]
「usr_dat」フォルダを削除すると、「usr_dat_dflt」内のファイルを元に、「usr_dat」フォルダを自動的に再構築します。
ソフトの状態をインストール直後に戻したい場合は、ソフトを終了した後、「usr_dat」フォルダを削除してください。