Desktopper
デスクトッパー

Desktopper 日本語トップ
[ 履歴 ]




「Desktopper」でのブラウジングは通常のブラウザとあまり変わりありません。違う点は、ブラウザ固有のボタンなどの配置です。

「Desktopper」では、通常のブラウジングに利用するボタンは、以下の位置にあります。
  • 画面上部にボタンとして常時表示。
    • [戻る]……「←」ボタン。
    • [リロード]……回転矢印ボタン。
  • 「▼」ボタンで開くメニューの中。
    • [前へ]
    • [ホーム]
    • [新規]
    • [URL入力]
    • [規定のブラウザで開く]
    • [URLとタイトルを取得]

また、ステータス欄とURL表示欄は統合されており、「画面右上の文字表示欄」にあります。この場所には、何もない場合は、そのページのURLが表示されます。また、ステータス欄が更新した場合は、ステータス欄の文字列が短時間表示されます。
全ての文字が表示されていない場合は、「画面右上の文字表示欄」の上にマウスを乗せてください。ポップアップで全ての文字列が表示されます。
このように、「Desktopper」では、そのページのURLを常時表示しているわけではありません。本ソフトは、既に何度も閲覧していて、信用できるサイトをデスクトップ上に常時表示することを想定しています。信頼性の低いWebサイトなどを見る際には、通常のブラウザを利用した方がよいでしょう。

「画面右上の文字表示欄」には、他の機能もあります。この領域をダブルクリックすると、URL入力欄が表示されます。この場所にURLを入力すると、そのページに移動します。
また、URLやディレクトリをドロップすると、新しいウィンドウが作成されます。